歯を失った方へ|あきる野市の武蔵増戸で
歯科・歯医者をお探しなら、よしざわ歯科医院

一般歯科、予防歯科、小児歯科、歯科口腔外科、審美治療

歯を失った方へ

歯を失っても会話や食事を
楽しむために

虫歯や歯周病、もしくは外傷などが起因して歯を失ってしまった方にとっては
奥歯は会話や食事にも影響がありますし、前歯であれば外見的に気になってしまう箇所です。
当院では今まで通りの生活の質(quality of life)を取り戻すために歯を補う治療を提案しています。

インプラント

  • インプラントとは

    インプラントとは、歯が抜けてしまった箇所の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から上部構造という人工の歯を被せる治療方法です。歯は1本1本がお互いに支えあって生えているため、抜け落ちた歯を放置しておくと、歯並びが悪くなるなど周辺の歯に影響を及ぼすことがあります。金具で補強する部分入れ歯や隣り合った歯に被さるようなブリッジ手術と異なり、インプラント治療は、他の歯に負担をかけることなく抜けた歯を補うことが可能です。

  • インプラント治療のメリット・デメリット

    • メリット

      • 他の歯を傷つけずに治療することができる
      • 一本から抜けた歯を補うことができる
      • 自身の歯と同じように噛むことができる
      • 見た目が美しい
    • デメリット

      • 手術が必要である
      • 自費診療のため、ブリッジ・入れ歯と比べ費用がかかる
      • 顎の骨の状態によっては手術ができない場合がある
  • よしざわ歯科のインプラント治療

    • 身体に負担の少ないAQBインプラントの採用

      当院で使用しているAQBインプラントは、“ねじ”の部分であるインプラント体をハイドロキシアパタイト(HA)という成分でコーティングしています。HAはカルシウムを誘導し、骨と結合するバイオインテグレーションという特性を持つため、通常であれば手術が困難な顎の骨が少ない患者さんにもインプラントを適用することが可能です。また、手術も一度で済ませることができるため、患者さんへの負担を軽減するなどのメリットもあります。

    • 限りなく無痛手術に近い麻酔技術

      「無痛手術」という言葉がありますが、全ての患者さんが完全に痛みを感じない状態で治療を行うことはできません。しかしながら、限りなく無痛に近い状態を実現することは可能です。当院では、麻酔注射を打つ前に表面麻酔を塗布した後、ゆっくりと麻酔液を注入することで、患者さんの痛みを可能な限り抑える治療を提供しています。

    • 歯科技工所併設による精密な義歯製作

      一般的な歯科医院では、義歯を製作する場合に外部の歯科技工所へ注文する場合がほとんどですが、当院では、院内に歯科技工所を併設しております。常駐している歯科技工士と密に連携を取ることにより、精度の高いインプラント治療を提供することが可能です。

    • 安心の10年保証

      当院では、インプラント治療後も定期的なメインテナンスに通っていただける方を対象に、10年間の保証期間を設けております。万が一、保証期間内にインプラントが破損した場合は、無償で再治療を行いますのでご安心ください。

  • インプラント治療の流れ

    • Step01

      カウンセリング

      まず治療を受けたい理由・悩み・ご要望をよく聞きまして、今の歯の状態とインプラント治療を行うために不可欠な条件が全てそろっているかを確認します。

    • Step02

      口腔内検査

      これまで治療されてきた歯の歴史について伺い、虫歯・歯槽膿漏・歯周炎の有無・粘膜や骨などを調べ、口腔内の状態を把握します。

    • Step03

      レントゲン検査

      お口の中全体を撮影できるレントゲンとCTスキャンで口腔内全体の骨の形や量を立体的に把握します。診察と検査をして基本的な治療計画を立てます。

    • Step04

      インプラント体埋入

      歯科インプラント埋入手術を行います。
      骨に結合するまでお待ちいただき、その後定着するまで期間を置きます。

    • Step05

      被せ物のセット

      骨と結合したところで土台をセットし、印象(歯の型)を採ります。最後に被せ物を付けてインプラント治療が終了です。

    • Step06

      メインテナンス

      最初の1年はまだ骨が固まっていく過程なので、インプラントの清掃状態や歯肉の状態、噛み合わせの様子などのチェックを受けることが大切です。

    定期的なメインテナンスが重要です

    インプラントでは定期的な検査がとても大切になります。十分なケアが出来ていないと、インプラント歯周炎になってしまい、インプラントが抜けてしまいます。3か月に1回は検査に来ていただき、2回に1回はレントゲンを撮って状態をチェックします。

入れ歯

ノンクラスプデンチャー

  • 金属のバネを使用しない、歯肉の色に近い入れ歯です。見た目が自然なだけでなく、保険適用内の入れ歯に比べて強度と柔軟性に優れているというメリットもあります。

    ※ご自身の歯が土台になるため残っている歯や歯ぐきに負担がかかりやすく、耐久性がやや劣ります。保険の入れ歯に比較して修理が難しく、数年後に再作成が必要になる可能性があります。

    • 1~3本

      50,000円(税別)

    • 4~7本

      55,000円(税別)

    • 8~13本

      60,000円(税別)

  • コンフォート

    コンフォートとは、裏面が生体用シリコーンというクッションで覆われた、新しい入れ歯です。通常の入れ歯と比べて、痛みが少ない・外れにくい・強い力で噛める、などのメリットがあります。個人差はありますが、イカやステーキなどの弾力性の強い食べ物も噛むことが可能です。

    ※強い力で噛める反面、入れ歯に厚みがあるため違和感を感じる人もいます。

自家歯牙移植

  • 自分の歯を利用して埋める自家歯牙移植

    自家歯牙移植とは虫歯などで抜歯した箇所に、同日に抜歯した自分の別の歯(親知らずの歯を使うことが多いです。)を埋入する治療法です。
    人工的な歯を埋めるのがインプラントなら、自家歯牙移植はまさに天然歯の移植手術です。
    天然歯ならではの特徴である歯を支える組織も引き継ぐことが出来るため、あごの骨にも定着がしやすいとされています。

  • 自家歯牙移植の特徴

    • 歯根膜で歯が守られる

      歯根膜とは歯と歯を支える骨(歯槽骨)とをつなぎ、噛む力などを分散させるクッションのような役割を持っています。
      天然歯を使うことで、埋入時に歯根膜を引き継げるのがメリットの一つです。

    • 健康保険が適用できます

      保険の適用が可能ですので、費用が抑えられます。

  • まずはご相談を

    歯牙移植自体を使用できる条件、症例に限りがあるため、まずはご来院、およびご相談をお願いいたします。